電験3種 | 電験1種の棚卸し - Part 4

電験3種一覧

【参考になるのか?】私の勉強方法

自身の勉強方法が自分に合っているのか、という疑問は資格勉強中ずっと付きまとうことかと思います。合っているかどうかの判断はなかなかしにくいものですが、1つは他の人の勉強方法を見てみるというのかあります。ということで今回は私の勉強方法を紹介していきます。

電験3種 理論 平成28年 問15のお話

電験の特に計算問題は、セオリーが有るようで無いことが多々あります。模範解答をそのまま暗記していると応用が効かなくなり、少し内容が変更された問題では対処が難しくなります。逆に、解法のエッセンスだけ理解しておくと応用の幅が広がり、何とか対処して正解に持っていくことができます。

パワーエレクトロニクスの対策 ~自己流編その1~

パワーエレクトロニクスは覚えることが多いという印象を持っている人が多いと思います。私もそのような印象を始めに受けたのですが、勉強をしていくうちに省エネして公式を覚えたりするようになりました。現象を理解しておくと、公式を導出して覚えられるようになります。

モチベーションを下げない方法

電験を始めとする、資格勉強は大変孤独な闘いです。特に理解が難しい勉強をしているときほど、モチベーションが下がるときはありません。今回は私が行っていたモチベーションを『下げない』方法です。挙げるのではなく下げないというのがポイントです。

解法の形

電験を始め、資格試験には『覚える』という作業が必ず発生します。今回はその作業を(私の中で)如何に効率的に行っていたかというお話です。大学受験からしてきた作業がブラッシュアップされている方法です。皆さんのご参考までに。

試験会場に持ち込める『最強の武器』

最初に電験の参考書などを揃えるときに、電卓をどれにすればよいか迷ったことはありませんか。関数電卓以外ならば、どんな電卓でも持ち込んで構わないことになっていますので、できるだけ使いやすい電卓を選びたいものです。今回は電卓に必要な機能と、それを全て備えた電卓をご紹介します。

【合格体験記】私はこうして電験3種に合格しました!(後編)

前回は理論にクローズアップして、電験3種の合格体験記を書きました。 今回は残りの3科目についてです。 私の電験3種挑戦は、1年目に理論・電力・機械を合格し、2年目に法規を合格しました。後半となる今回は、1年目に失敗した法規についてどうリベンジしたかを詳しく書きました。