当ブログから○○が出ます。

皆さまお疲れさまです。

今日は当ブログの告知をしようかと思います。

私のフォロワーの方ならば、ちょっと私が変なことをしようと考えているのにお気づきかもしれません笑

ビルメン万事解決のビル万さんからの希望というかつぶやきを私が勝手に拾いまして、とある解答集を作ろうかと考えています。

スポンサーリンク

『ラプラス変換』というツール

当ブログは過渡現象とラプラス変換について何度か記事で取り上げていますが、その中で『参考書の解答が微分方程式ばかりだ。』というのをぼやいていました。

苦手意識を持つ過渡現象でも、ラプラス変換を使うと幾分計算が楽になり、微分方程式を覚える手間が省けます。制御問題以外でラプラス変換を使う単元が実はあったんです!本日はそんなお話です。
過渡現象は微分方程式以外にもラプラス変換で解くことができます。今回は実際の試験問題を例に解説してみました。

過渡現象をラプラス変換で解くというのはやはり主流ではないものの、私やビル万さんのように、いくらか計算が楽になるならばラプラス変換で解答を作ってみたいという要望は少なくないと踏んでいます。

実際に、お問合わせ・質問から私のところに、個人的にそのような要望をしてくださる方もいます。

ということで、『電験2種一次試験理論の過渡現象問題をラプラス変換で解く(案)』という解答集を作って、個人間で販売しようかと思います!

解答集の構成案

平成7年度以降の問題を収録

私は『電験2種は新制度以降(平成7年度以降)の問題を解けるようにしておけば何とかなる』という考えでいます。

電験2種二次試験は電験3種とは出題の形式も、問われる知識も次元が違います。特に電気を知らない方にとっては、論説問題の対応方法がわからないかと思います。今回は二次試験の闘い方を、計算問題に絞って書いてみました。それではどうぞ!

一捻りでは済まないくらいの変化球問題を出してくる電験1種とは異なり、電験2種は過去問の範囲をしっかりやれば合格ラインに到達することができます。

ということで、一次試験理論もそれに倣い、新制度になった平成7年度から平成29年度の23年分の過渡現象問題を収録しようと思います。まだ過去問を手に入れていませんが、過渡現象が出題されなかった年度があれば、そこはスキップします。穴埋め部分の正解と過渡現象の計算過程は手元にあれば、ある程度私のラプラス力でも正解にたどり着くことができると思います。

解説内容

原則、ラプラス変換で解きます。どうしてもラプラス変換で解けない場合はすみませんが、その年度は諦めて下さい。

解法ポイントは過去記事であらかた書いたので、解答集は基本的に計算ばかりの内容になると思います。ブログで未掲載のポイントがもし出てくれば、都度記載します。

苦手意識を持つ過渡現象でも、ラプラス変換を使うと幾分計算が楽になり、微分方程式を覚える手間が省けます。制御問題以外でラプラス変換を使う単元が実はあったんです!本日はそんなお話です。
過渡現象は微分方程式以外にもラプラス変換で解くことができます。今回は実際の試験問題を例に解説してみました。

解答集の構成

構成は問題→解答をひたすら23年分繰り返す感じです。見開きでの使用を想定して、両面印刷したときにに問題、に解答が来るようなPDFを作ります。 最初はコストを掛けずに作ろうと思いますので、手書きベースとなります。計算過程は適度に省略する可能性があります。

大量に需要あることが見込めるならば文書ソフトで解答を作成することも考えますが、今のところ考えておりません。が、ご希望の方が多い場合は考えます。

欲しい方はご連絡下さい!

ご希望の方はお問合わせ・質問からご連絡下さい。

価格は未定ですので、メールのやり取りをしながら相談させていただければと思います。

その他、こういった構成にしてくれるのならば欲しいというご要望のみでも構いません。

この記事以降は暫く更新頻度を落として、解答の作成に取り掛かろうと考えています。

今年の電験に間に合わせるために、ゴールデンウィークごろまでには完成させたいですね。

それでは次回!