電験1種持ちが全力で過去問を再攻略してみた!~電験3種 機械編~

電験3種 機械 過去問題

皆さまお疲れ様です。。。今回は本当に疲れました。。

タイトルの通り今日は機械の再挑戦をしたのですが、結果は散々でした。

散々過ぎて電験の免状を返上しようかと考えた程です。

下で採点結果を発表する前に、色々と言い訳説明をさせて下さい。

まず、電験3種は電験2種以降と少し趣が異なります。

特に電験1種まで行くと顕著になってきますが、不得意な単元はスパッと切り捨てることが結構し易くなります。

どういうことかという説明をする前に、電験2種以降の受験システムについて説明します。

電験2種以降は1次試験と2次試験に分かれていて、1次試験は電験3種と同じように3年以内に選択問題制の4科目(理論・電力・機械・法規)を合格すれば、2次試験に進むことができます。

そして、2次試験は筆記試験(電力・管理と機械・制御。科目合格なしで、初年度に不合格のときは2年目は2次試験から。それでも不合格のときは1次試験の4科目から。まぁ2次試験は電力と機械と考えてもらって差し支えはありません。)なのですが、それぞれ

  • 電力・管理は6問の中から4問
  • 機械・制御は4問の中から2問

選択して回答すればいいのです。つまり、それぞれ2問は選択しないで済みます。この「選択しない」ということが、私みたいな計算(のみの)バカを合格しやすくしている一因です。

今回は機械の再挑戦ということで、機械にクローズアップして書いていきますが、私はサイリスタが大の不得意です。

でも、2次試験は同期機・誘導機・制御(←積分とか行列ができれば十分解ける問題です)から少なくとも2問が出題されるので、この中から選んでおけば十分なのです。

それでも1次試験では必須問題でサイリスタが出るため、一応、試験直前には色んな導出を覚えていたはずなのに、今はさっぱり忘れています。なので、今回のサイリスタ問題は結構間違えました。

これこそ棚卸しする必要が有ることです。

でも、今回再挑戦して感じたのは、「そもそも肝心の棚がもぬけの殻なのでは…?」という疑念です。

もう起こってしまったこととして対処していくしかないんでしょうか。。。

なにはともあれ、それでは結果発表です!

スポンサーリンク

採点結果

70/100点

恥ずかしいです。本当にこの記事を書こうか、ひいてはこのブログを全世界へ発信しようかを真剣に悩みました。

電験1種持ちが電験リハビリをしていく2日目の投稿です。理論は80点と意外と低かったので、少し暗雲が立ち込める中での電力編ですが、結果は…

この記事の最後に「機械は電力より好きだったので、80点以上は取りたいですね。」とか書いていますが、ぎりぎり70点でしたよ!!

今回も2016年のボーダーラインを確認したところ、55点ということが判明しました。

ということは実質75点はいってましたね。

1つ読者の方に(?)ポジティブなことを書かせてもらうと、今年の問題で70点以上取れた方は電験1種を取れる可能性を十分に秘めています!!!

半分は冗談ですが、半分は本気です。というのも、下でも書いてあるように、一部電験2種(しかも2次試験)レベルの問題が出てきているので、その問題が解けた人は少なくとも電験2種合格に半分足を踏み込んでいます。

問題を解いているときの感想

総括

この次の節では印象に残った問題を1つ1つ書いていこうと思うので、スキップしたい方は最後のまとめまで進んでしまって構いません。ここでは総括ということで、全体の感想とかを書いていきます。もう私が何を言っても信頼できないかもしれませんが、書かせて下さい笑

今回は一部電験2種レベルの問題が出てきていたような気がします。具体的には問9,13,15,16あたりでしょうか。「私はサイリスタが苦手」というバイアスを無視しても、4/17問と結構な割合で出ているような気がしました。

電験3種とか2種とかの区切りは正確にできていないので何ともいえませんが、経験上そんな感じがします。

試験会場でこの問題を解いた方はお疲れ様でした。特に始めて電験という試験を受けた方は、こんな問題が出てきたら頭が真っ白になってしまうのではないでしょうか。(少なくとも私はなります笑)

それでは個別に書いていきます!

問題1

不正解 「直流分巻」ってなんだっけ?というところから始まりました笑 すぐに図は描けたものの、

  • トルクの公式 $T=kΦI_a$
  •  逆起電力の公式  $E=kΦn$

が全く出てきませんでした。受験生の頃は電磁誘導の公式から導出できるレベルから覚えていたのに。。。

問題5

正解 同期電動機のV曲線の問題でした。界磁電流を強くすると電機子電流が遅くなるのはベクトル図を書き出して都度考えるようにしていたのですが、きちんと書き出せるままでした!!

ということで、難なく正解しました。

問題7

不正解 磁気漏れコイルって何だっけ?状態でした。解説は理解できたのですが、正直電験3種受験時も知らなかった知識かと思います。(というか、それ以降でも学習していないような?)

ちなみに(1)と迷って、(1)を選んで不正解でした。

問題9

不正解 典型的な昇圧/降圧チョッパ回路において、取り出す電圧を答える数値問題でした。私は毎回導出して、この回路が昇圧なのか降圧なのかから考えるようにしていたのですが、そもそもの導出ができず不正解でした。(正確にはそれっぽい式を書けたのですが、選択肢に回答がありませんでした。)

問題15

(1)は正解 同期発電機の内部誘導起電力と、負荷接続時の接続点における電圧についての問題でした。これは明らかに電験2種レベル(しかも2次試験)ですね。受験生のときに間違わないように気をつけていた箇所で、きれいに同じように間違いました。ちょっと詳しく説明すると、発電端から接続端の方の分圧を答えてしまったんですね。で、数値が合わないということで、時間を浪費してしまいました。

問題16

(1)は正解 サイリスタは大の苦手なのは認識した上で(大学で習わなかったですし)、制御遅れ角と実効値の公式は導出できるようにしていたのですが、実効値の定義から思い出していたためどこかに記憶の齟齬があり、間違った選択肢を答えてしまいました。

導出は「公式を丸暗記しないで済む」という大きなメリットがある一方で、導出の道筋を忘れると全く答えられないというデメリットもありますね。今更ながら実感しました。

まとめ と 今後の予定

冒頭の部分でサイリスタが苦手とか書いていますが、結果をつぶさに読んでいくと同期機でも不正解になっているのがわかりますし、どうしようもないですね笑

私が機械で得意なのは誘導機と制御ということでお願いします!!

(実際、2016年の電験1種はその2つを解いて合格しましたし。)

ここは真摯に反省をして、もう1度テキストの復習を始めた方が良さそうな気がしてきました。

とは言いつつも、「リハビリとして過去問を解く」というコミットしたことは優先して続ける必要があると思います。棚卸し途中で最初の方の整理をしだすのも変ですしね。

棚卸しが全部終わった段階で、(電験3種、エネ管、技術士補、電験2種の過去問をとき終わった段階で)今後の方針を再設定したいと思います。

ということで、次は幾つかの試験で一発合格を阻んだ一番の鬼門である、法規に再挑戦です!!

コメント

  1. やまさき より:

    ケンタさんこんばんは!

    70点が凄い点数と感じるのは、まだまだ私の知識不足でしょうか?
    難関の機械でこの点数、しかも公式天下りでないのですから。。

    3種と2種以降の違い、勉強になります。

    • ケンタ より:

      >やまさきさん
      コメントありがとうございます!
      また、本日は友だち登録の件でお世話になりました!

      仮にも電験1種保持者ですので、90点は取りたいと思っていたのですが。。。
      私の中での電験1種保持者のイメージは、電気の神様ですので全ての問いに答えられるレベルなんです笑
      もう少しリハビリしていきます。

      俯瞰した意見は比較的書ける経験をしていますので、これからも受験者の皆様にプラスとなるような情報を発信していきます!
      今後とも当ブログを何卒ごひいきに。

      • やまさき より:

        ケンタさんおはようございます!

        たいへん失礼しました(-_-;)
        3種平民
        2種天皇
        1種神様
        ということを失念しておりました。
        申し訳ありませんでした。
        ケンタさんは仮とおっしゃいますが、1種ホルダーは次元が違いすぎます。。
        せっかちな性格です。。お許しください。

        リンクフリーとお書きになっておられたので、ライブドアさんでブログを始めて、リンク早速貼らせていただきました。
        私のは単なる日記ブログです。
        どうぞよろしくお願いいたします。

        • ケンタ より:

          >やまさきさん
          コメントありがとうございます!

          全然気になさらないで下さい。

          リンクありがとうございます!
          やまさきさんが初リンク設定者です!

          今後も当ブログをよろしくお願いします。