書籍販売

テーマ別過去問で苦手科目を克服しよう!

皆さまお疲れさまです。ケンタ(@den1_tanaoroshi)です。

 

どこよりも早く発売した令和4年度(下期)版の電験3種過去問ですが、今年からテーマ別も販売するようにいたしました。

ケンタ
ケンタ
何名の方からのご要望もいただいており、今年から試験的に販売しています。

これまでの過去問との違いや新たな使い方をご紹介していきます!

この記事でわかること

  1. これまでの過去問徹底解説との違い
  2. 【テーマ別】過去問徹底解説の使い方
  3. 他の参考書との比較

これまでの過去問徹底解説のラインナップ

現在発売している令和4年度(下期)版 電験3種過去問徹底解説は、媒体・年数・科目などで様々なラインナップが出ています。

一覧にすると次のとおりです。

  媒体 収録年 科目 価格(税込) 掲載順
書籍版 紙冊子 最新6回分 4科目セット 4,380円 年度順
電子書籍版 PDF 最新~平成23年 ①4科目セット
②科目別
①1,890円
②740/790円
年度順

【テーマ別】過去問徹底解説の構成は?

収録した年数は従来と同じままで、テーマ別に再構成したものを追加販売しました。テーマ別版は、

  1. 年度別ではなく、テーマ別にどんどん演習していきたい
  2. 苦手なテーマを徹底的に演習したい
  3. 得点源のテーマをスキップしたい

といったことが可能な構成となっています。

具体的には理論科目でいうと、従来の年度別版の掲載順が

だったのに対して、テーマ別版の掲載順が

となっています。

電子書籍の目次比較はコチラ

テーマ別の学習は理解が進みやすい

テーマ別に学習していくスタイルは苦手な科目ほど捗ります。というのも、同じテーマの問題を続けざまに解くことで、違った角度から似たような問題を何度も演習でき、理解が深まるからです。

私は法規科目が苦手だったのですが、3種のとき2種のときも過去問を10~15年分を複数回解きまくって合格にたどり着きました。

ケンタ
ケンタ
選択肢を自信をもって選び正答するのが理想ではありますが、何度も演習していると正答の選択肢がなんとなくわかってきます笑

作成のきっかけはご購入された方の声から

テーマ別の構想は当初からあったものの、需要があるのか不明だったのと、当初は収録年数が少なかったこともあり見送っていました。

今回、ご購入された複数の方からレビューをいただいたのと、収録年数が12回分蓄積されたこともあり試験的に販売をすることにしました。

同じテーマを様々な角度から12回も演習すれば、おぼろげながらも理解は深まるかと思います。

他社参考書と比べてお求めやすい値段設定に!

テーマ別過去問で有名なところだと、電気書院さんの「○○(科目名)の15年間」シリーズを連想された方もいらっしゃると思います。

解説の内容など比較しにくい部分があるものの、少なくとも値段と情報量(ページ数)については遜色のないような構成になっています!

  媒体 価格(税込) 収録年 1年あたりの価格 ページ数 1年あたりのページ数
電子書籍版 PDF 790円 最新~平成23年
(12回分)
66円/年 406ページ 34ページ/年
理論の15年間(電気書院) 2,700円 最新~平成20年
(15回分)
180円/年 560ページ 37ページ/年

紙媒体の書籍版は電子書籍の売れ行きを見て投入していく予定です。

まとめ

令和4年度(下期)版より、過去問をテーマ別に再構成したものを販売いたします。

電験に合格するために

  1. 年度別ではなく、テーマ別にどんどん演習していきたい
  2. 苦手なテーマを徹底的に演習したい
  3. 得点源のテーマをスキップしたい

といったことを希望される方は是非お買い求めください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA